空手道護心会 指導員七つの心得

私たち護心会指導員は、

大切なお子様を預かる者として、空手という武道を教える者として、子供達だけでなく、大人の手本となるべく「指導員七つの心得」をもって指導にあたります。

 一、人間尊重

  会員・ご父兄、全ての関係者に対し好き嫌い差別する事無く

  敬意を持ってします。

 

 

 

 二、個別開花

  全ての会員の成長を信じ、成長を促す努力惜しみません。

 

 

 

 三、機会伸長

  強み(良い所)見出し認め、強化し、自信を育み、成長意欲

  喚起します。

 

 

 

 四、目標協力

  自分に負けそうな練習生を励まし、小さな目標を持たせ、協力し、

  意欲を奮い立たせます。

 

 

 

 五、和衷協同

  会員・ご父兄、関係者と協力良い人間関係を築き

  生涯の仲間を一人でも多く作ります。

 

 

 

 六、外柔内剛

  虚勢を張らず穏やかに振るまい、強さを誇示ません

  優しくある為に心を磨き、強くある為に技術を研鑽します。

 

 

 

 七、愉快活発

  自ら空手を心から愉しみ、空手を通しての繋がりを悦び

  より良い人生の一助します。

 

 

以上

 

代表師範 鳥越 恒一

姉妹団体

テコンドー護心会はコチラ↓

(画像をクリック!)

社員教育

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

師範著書はこちら↓