実戦で使えない空手では意味がない!

いじめに負けない!いじめない!明るく元気な子供の育成!

〜護心会基本理念〜

自己の尊厳と身の安全、大事な人を守れる実戦空手の追求

高い技術と高い倫理観を徹底的に学ぶ。

最速で楽しく強くなる!

私は30年以上様々な武道・格闘技(空手・テコンドー・キックボクシング...etc)を修練し格闘技・武道大会で多くのタイトルを獲得してまいりました。当会では各ジャンルの優れた部分を組み合わせ、最小のエネルギーで最大の力を発揮する技術を追求しております。その為、伝統的な型の稽古はほとんど行わず実戦の場において力を発揮できる技術と精神修練に集中した稽古を行っております。(顔面への直接打撃ありの稽古です)

※一般部のメインはグローブ空手です(フルコンタクト空手、防具空手の稽古もあります)

※少年部のメインはフルコンタクト空手です(中学生からグローブ空手の稽古もあります)

なぜなら、実戦の場において力を発揮できない武道・格闘技では大事なもの(自己の尊厳、大事な人)を守れないからです。

稽古では初心者でも初日から対人向けの実戦想定稽古を行います(最初は相手からの反撃はありませんのでご安心ください。また安全には十分配慮したプロテクターを用います)。よって、“型”を中心とした伝統的な空手、直接打撃のない寸止め空手をご希望の方には当会のスタイルは合わないと思いますので他の空手道場をおすすめいたします。

かといって、対人中心のバチバチの感じではなく、幼児から大人まで、レベルに合わせた楽しい稽古を行っております。子供たちにはまず空手を好きになってもらいたいですし、暴力による痛みを知ってほしいと思っています。

大人は子供に正しい道を示す自信と力を持ち、指導に当たってほしいと思っています。

また、健康維持~大会参加まで、レベルにあわせて和気藹々と稽古をしていますので気軽にご参加頂ければと思います。楽しく、しかし本当に強くなるのが当会のモットーです。

ご興味をお持ち頂けたら是非一度体験稽古にご参加ください!

皆様のご参加心よりお待ちしております!

 

NPO法人 フルコンタクト空手道推進連盟

空手道 護心会

師範 鳥越 恒一

goshinkai@live.jp

2015/10/24稽古の様子

稽古の様子(2014/07/06)

新人・幼年部

少年部

一般部(フルコンタクト空手部門)

一般部(グローブ空手部門)

一般部(防具空手部門)

大人も子供も一緒に!

さいたま 浦和 北浦和 東京 四ツ谷 空手道 護心会

姉妹団体

テコンドー護心会はコチラ↓

(画像をクリック!)

社員教育

子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

師範著書はこちら↓